青山・参道商店会会長挨拶

ご覧いただきまして有難うございます。

青山表参道商店会は国道246号線(青山通り)表参道交差点を中心として、西に明治神宮へ向かう表参道、東にみゆき通りと高樹町通り(骨董通り)など広範囲に位置する商店会です。

高級住宅地であった青山も1964年東京オリンピック開催に向けて、青山通りの拡幅、都電の廃止、木造の建物からコンクリート造りのビルへと変遷しました。
「おしゃれの街」へのスタートでした。
また近年は景気向上によってあちらこちらでビル開発が進み、街の様子も一段と変化してまいりました。
景気低迷の頃に比べ、多くの方々が青山を訪れていただき、益々活気に溢れた街となりました。

当地域には伝統ある青南小学校が有り、多くの子供達が通っております。
また地域の会員と共に町内清掃活動(毎月第2・4金曜日)、盆踊り(7月/善光寺境内)、ラジオ体操(【町会行事】7月/善光寺境内)、祭礼(【町会行事】9月)、節分祭(2月)など多数の催しに参加していただいております。

当商店会では青山表参道町会と協力して、地域内に防犯カメラを29基新設(2015年より運用)致しました。
地域の安全、安心の為に、少しでもお役に立てるよう活動しています。
2020年には東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。メイン会場の新国立競技場、また新設が発表されました明治神宮野球場、秩父宮ラグビー場など、各競技場への玄関口が青山です。存在感、注目度が日に日に増しております。

こんな街づくりに活躍する青山表参道商店会に是非遊びに来てください。

 

青山表参道商店会 会長 田中 謙一

topへ戻る